(Performance, 30min 2022~)

「Tranquilizer」はエネルギーの動きをテーマにした約30分間のパフォーマンス作品。

長年ジャグリングを続けてきた岡本にとって、ジャグリングとはもはや曲芸的な技術ではなく、「ものと身体の間で起こるエネルギーの流れを考える視点」として昇華されていた。その視点で見れば、例えば、ただ「落下」という現象ひとつとっても、「重さ」「気温」「気圧」「風」「物体の形」「物体の質感(摩擦)」「衝突判定」「弾力」・・・と、膨大な要素が、複雑かつ論理的な、そして必然的なつながりを持った流れの中にあることに気づくだろう。そして、当然身体もその流れの一部であるということにも。

舞台上に現れる岡本は、ジャグリング、つまり「もの」と「身体」にかかわるエネルギーの動きを解説しながら、その現象を確かめるように動きを紡いでいく。ものは落下し、手にエネルギーを伝える。手はものを受け取り、その重みで回転し、またものを投げ上げる。ジャグリングを持ってエネルギーの流れを考えるうちに、様々な「エネルギーの流れ」の中に自分の身体が存在しているという感覚こそが「リアリティ」だと考えるようになった。

CGを利用した物理シミュレーションの解説、イメージプロセッシングによる動きの軌道の可視化、そして映像パフォーマンスと、様々な演出を駆使し、映像内と映像外を行き来しながらこの「リアリティ」を考察する。


Tranquilizer” is a 30-minute performance piece on the theme of energy movement.

For Okamoto, who has been juggling for many years, juggling is no longer an acrobatic technique, but has been sublimated into “a point of view that considers the flow of energy that occurs between objects and bodies. From this perspective, for example, even a single phenomenon such as “falling” can be seen as a complex, logical, and inevitable flow of a vast number of factors, including “weight,” “temperature,” “air pressure,” “wind,” “object shape,” “object texture (friction),” “collision judgment,” “elasticity,” and so on. And, of course, the body is part of this flow.

Okamoto, who appears on stage, explains the movement of energy involved in juggling, or “objects” and “bodies,” and weaves his movements as if to confirm the phenomenon. Objects fall and transmit energy to the hands. The hand receives the object, rotates with its weight, and throws it up again. As I thought about the flow of energy with juggling, I came to believe that “reality” is the feeling that one’s body exists in various “energy flows.

He will examine this “reality” while moving back and forth between the inside and outside of the video, making full use of various staging techniques, including explanations of physical simulations using computer graphics, visualization of movement trajectories using image processing, and video performances.


Direction/Performance : Teruki Okamoto
Production : Room Kids
Special Thanks : PM Juggling

横浜国際舞台芸術祭YPAMフリンジ 出展作品( https://ypam.jp/programs/fr91 )※黒沼千春とのユニット「I/O」として