(VR Video, 3min 2022~)

The 4th Wallは、上演芸術に存在する「第4の壁」という概念を契機にこれからのリアリティについて考察するVR映画。

第4の壁とは作品(フィクション)と現実の間にある境界のことで、それがあることによって観客は架空の約束事を受け入れ、没入的に鑑賞ができると言われてきた。

そして近代にはその第4の壁を「あえて壊す」という演出も出てきた。舞台上の演者が突然こちらを見つめる、映画内に不意に書き割りやカメラが映る、といったものだ。「むこう側」と「こちら側」のボーダーは消し去られ、現実と虚構が同じ地平に置かれる。虚構だと了解していたものは、きっとどこかに当然にある現実だと突きつけられる。観客は、信じていた地面がなくなってしまったかのような不安さと、新しく自分の中で現実の定義を結びなおした時の安心感を得ることになる。

だが、現在ではXR技術の発展によって、むこう側は虚構、こちら側は現実という図式はもはや成り立たなくなりつつある。

現実も非現実も、その区分けが溶けていく世界で、それでも「自分はここにいる」と感じられる確かなリアリティはどこにあるのだろうか。


The 4th Wall is a VR film that takes the concept of the “fourth wall” in performing arts as an opportunity to examine the future of reality.

It has been said that the 4th wall is the boundary between the artwork (fiction) and reality, and that its presence encourages the audience’s immersive viewing experience. I like the production in which the “fourth wall” is broken. When a performer on stage suddenly stares at us, or when the film unexpectedly shows a writing block or a camera.

I feel uneasy as if the ground I believed in is gone, and I feel relieved when I reconnect with a new definition of reality within myself. I always wonder if this is what “reality” is. Today, with the development of XR technology, the scheme in which the other side is fiction and this side is reality is no longer valid.

In a world where reality and unreality, even the distinction between the two, is losing its weight, where can we find a certain reality in which we can still feel “I am here”?


Direction/Programming : Teruki Okamoto
Filming : Masahiro Sekiya
Production : Room Kids
Special Thanks : Takahisa Yasuta

トレイラー動画:https://youtu.be/BBEvpk0YHek
VR体験用ページ:https://gallery.styly.cc/scene/4955411b-bd1a-49fa-a775-da28b2261955
NEWVIEW AWARDS 2022 ファイナリスト選出作品(https://newview.design/works/the-4th-wall/